ニューイヤー駅伝2023の本部車はクロストレック!価格やスペックは?

2023年元日に開催される「ニューイヤー駅伝(第67回全日本実業団対抗駅伝)」

群馬県庁前をスタート・フィニッシュとする7区間100㎞のコースで行われます。

そんな長距離駅伝で注目が集まるのが、観客に選手の通行を知らせたり、選手の近くを走行するなど、コース内を走っている車両です。

そこで今回は、そんな「ニューイヤー駅伝2023」の本部車についてお伝えしていきます。

目次

【ニューイヤー駅伝2023】の本部車はクロストレック!

2023年1月1日、群馬県庁前をスタート・フィニッシュとする7区間100㎞のコースで行われる「ニューイヤー駅伝」

今年は、優勝争いは連覇が懸かるHonda、2年ぶり王座奪還を目指す富士通、7年ぶりVを狙うトヨタ自動車、初の頂点を目論む黒崎播磨を中心に、大熱戦が予想されています。

そんなニューイヤー駅伝で、優勝争いの他に注目を集めているのが“オフィシャルカー”です。

オフィシャルカーとは、観客に選手の通行を知らせたり、選手の近くを走行するなど、コース内を走っている車のことです

オフィシャルカーは競技を安全かつ円滑に行うために使用されており、その種類も、

  • 審判長車
  • 審判車
  • 本部車
  • 監察車
  • 記録車

など多彩です。

※伴走車、先導車と呼ばれたりすることもあります。

そして、今回「ニューイヤー駅伝2023」で使用されている運営車両は、

12月に発表したばかりの新型クロストレックを始め、9台の車両です。

群馬県で行われるニューイヤー駅伝は、群馬県とゆかりの深いスバルが2017年から担当しています。

スポンサーリンク

クロストレックの価格やスペックは?

では、今回の「ニューイヤー駅伝2023」で使用される車両「新型クロストレック」の価格やスペックはどのくらいなのでしょうか。

ちなみに、クロストレックは、国内ではこれまで「スバルXV」の名で扱われてきたモデルです。

スペック

新型クロストレック(標準グレード)の主なスペックは以下になります↓

  • 駆動方式:AWD、FWD
  • 全長×全幅×全高:4,480×1,800×1,575(※)mm
  • ホイールベース:2,670mm
  • 最低地上高:200mm
  • 車両重量:1,550kg(AWD)、1,540kg(FWD)
  • 最小回転半径:5.4m
  • 燃費:非公表(記事掲載時点)
  • 搭載エンジン:2.0L 水平対向4気筒エンジン(FB20)
  • トランスミッション:リニアトロニック
  • 最高出力(エンジン):10 kW(13.6PS)/6,000rpm
  • 最大トルク(エンジン):65N・m(6.6kgf・m)/4,000rpm
  • 最高出力(モーター):107kW(145PS)
  • 最大トルク(モーター):188N・m(19.2kgf・m)
  • 燃料タンク容量:48L
  • 燃料:無鉛レギュラーガソリン

価格

新型クロストレックのグレードは標準の「ツーリング」と上級の「リミテッド」の2グレード構成。

各グレード、FFと4WDを設定しており、

  • クロストレック ツーリング(FF):266万2000円
  • クロストレック ツーリング(4WD):288万2000円
  • クロストレック リミテッド(FF):306万9000円
  • クロストレック リミテッド(4WD):328万9000円

以上の価格で販売されています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次