NEWS

映画賞レースのノミネーションが次々と発表されている中、デトロイト映画批評家協会賞では、作品賞・主演男優賞(ピーター・ディンクレイジ)の見事主要部門を受賞。さらに、第26回サテライト賞では 「作品賞(コメディ/ミュージカル)・主演男優賞(コメディ/ミュージカル)・衣装デザイン賞」などの主要部門に、 中でも主演男優賞(ピーター・ディンクレイジ)では放送映画批評家協会賞やハリウッド映画批評家協会賞をはじめとする多くの賞レースでノミネートを果たしています。数々の輝かしい功績を残す中、世界が注目する最大の映画の祭典<アカデミー賞>での躍進にも期待が高まっています!

この度、儚くも美しい“純愛三角関係”が垣間見える【特報映像】が到着!

今回到着した映像は、主人公・シラノ(ピーター・ディンクレイジ)が“恋をしている”と打ち明けるシーンから始まる。しかし、その想いを寄せるロクサーヌ(ヘイリー・ベネット)が恋に落ちるのは、青年クリスチャン(ケルヴィン・ハリソン・Jr.)。複雑な気持ちを抱えながらも、愛する人の願いを叶えようとするシラノは、恋の仲立ちをすることに。溢れる愛情を言葉で表現する才能がないクリスチャンに代わり、 自身の想いを文字に込めて、ロクサーヌへのラブレターを書くことになる。シラノの願いはただ一つ、“彼女を笑顔にするため”。美しい映像とともに描かれる、儚くも美しい3人の愛の行方は―…。

主演のピーターは「ジョーは本当にすばらしい監督です。彼の映画は人のつながりを描く美しい作品ばかり。常に細かなところまできちんと見ていて、例えば手袋の様子とか太陽の光の具合まで。いつでも全体とディテールの両方を把握しているので、複雑で美しい映像に仕上がるんです」と称賛。ジョー・ライト監督は「パンデミックが起こった今こそ、人と人との繋がりや、愛する人に愛を伝えることの必要性をテーマにした映画を作る時だと思いました」と本作への思いを語っています。ジョー・ライト監督が贈る、“純愛ラブレター”映画『シラノ』にぜひご注目ください!


映画『シラノ』受賞・ノミネーション情報

<受賞>
▼デトロイト映画批評家協会賞▼
作品賞/主演男優賞:ピーター・ディンクレイジ

<ノミネーション>
▼サテライト賞▼
作品賞(コメディ/ミュージカル)/主演男優賞(コメディ/ミュージカル):ピーター・ディンクレイジ/衣装デザイン賞
放送映画批評家協会賞
主演男優賞:ピーター・ディンクレイジ
▼ハリウッド映画批評家協会賞▼
主演男優賞:ピーター・ディンクレイジ/主題歌賞:「Every Letter」/コメディ/ミュージカル映画賞
ヒューストン映画批評家協会賞
主演男優賞:ピーター・ディンクレイジ/主題歌賞:「Wherever I Fall – Pt. 1」(シラノ)
サンディエゴ映画批評家協会賞
主演男優賞:ピーター・ディンクレイジ
ジョージア映画批評家協会賞
主演男優賞:ピーター・ディンクレイジ
ハワイ映画批評家協会賞
主演男優賞:ピーター・ディンクレイジ

いよいよ映画賞レースのノミネーションが発表され始め、先日発表となった第26回サテライト賞では「作品賞(コメディ/ミュージカル)・主演男優賞(コメディ/ミュージカル)・衣装デザイン賞」などの主要部門、ハリウッド映画批評家協会賞では「主演男優賞、主題歌賞、コメディ/ミュージカル映画賞」、ラスベガス映画批評家協会賞では「主演男優賞、主題歌賞、脚色賞」その他にも続々ノミネートを果たしている本作。また、デトロイト映画批評家協会賞では、作品賞・主演男優賞(ピーター・ディンクレイジ)の見事主要部門を受賞。米映画批評サイト「Rotten Tomatoes」では、徐々にレビュー数が増えるにつれて評価も上昇しており、期待がさらに高まっています!

この度、儚くも美しい純愛三角関係を彷彿させる本作のポスタービジュアルが到着しました。

本作のキーとなる手紙が舞う背景には、ヘイリー・ベネット演じる華やかなドレスを身に纏った美しいロクサーヌが中央に。その後ろには、彼女へひそかに想いを寄せるピーター・ディンクレイジ演じる主人公・シラノと、その胸の内を知らないロクサーヌが恋に落ちる青年クリスチャンが写っています。彼らの眼差しからはこの物語で描かれる複雑な心情が垣間見え、美しくも儚い“三角関係”を彷彿とさせる印象的なビジュアルです。果たして、三人が求める純真な愛の行方はどうなっていくのか、ますます日本公開に期待が高まる仕上がりとなっております。映画『シラノ』にぜひご期待ください!


映画『シラノ』受賞・ノミネーション情報

<受賞>
▼デトロイト映画批評家協会賞▼
作品賞/主演男優賞:ピーター・ディンクレイジ

<ノミネーション>
▼サテライト賞▼
作品賞(コメディ/ミュージカル)/主演男優賞(コメディ/ミュージカル):ピーター・ディンクレイジ/衣装デザイン賞
▼ハリウッド映画批評家協会賞▼
主演男優賞:ピーター・ディンクレイジ/主題歌賞:「Every Letter」/コメディ/ミュージカル映画賞
▼ラスベガス映画批評家協会賞▼
主演男優賞:ピーター・ディンクレイジ、主題歌賞:「Every Letter」、脚色賞


いよいよ映画賞レースのノミネーションが発表され始め、先日発表となったデトロイト映画批評家協会賞では、作品賞・主演男優賞(ピーター・ディンクレイジ)の見事主要部門を受賞しました。その他、第26回サテライト賞では作品賞(コメディ/ミュージカル)・主演男優賞(コメディ/ミュージカル)・衣装デザイン賞などの主要部門、ハリウッド映画批評家協会賞では主演男優賞をはじめ、主題歌賞、コメディ/ミュージカル映画賞に続々とノミネート。米映画批評サイト「Rotten Tomatoes」では、徐々にレビュー数が増えるにつれ評価も上昇しており、期待がさらに高まっております!

そしてこの度、本国公開に向けて現地時間12月7日(火)にUKプレミアイベントを開催しました。

レッドカーペットには、ピーター・ディンクレイジ、ヘイリー・ベネットをはじめ、主要キャスト陣が集結。集まったファンの歓声迎えられながら、ヘイリーはエレナドーソンのドレスを身に纏い、ジョー・ライト監督や脚本のエリカ・シュミットのほか豪華ゲストも登場し、華やかなイベントの幕開けとなりました。

主人公のシラノを演じるピーター・ディンクレイジは「最初の舞台の始まりから、ここに至るまでの長い長い道のりにとても素晴らしい気分だよ」と感慨深げにコメントし、「とても素敵な映画です。この作品は本当に心に打つものがありますし、皆さんが歌と共に心の中へこの作品を持って帰ってくれることを願っています。」と語った。また、本作が賞レースで続々とノミネートを果たしていることについて、「皆さんがこの作品を気に入ってくださっているということだと思うので、とても嬉しいです」と感謝を述べた。ヒロインを演じるヘイリー・ベネットは「この愛の贈り物を観客の皆さんへ届けることができたのは、とても素晴らしいことです。本当はロクサーヌを演じることに怯えていました。頭の中でストーリーはありましたが、演じる勇気、正直言うと自信がなかったんです。なので、歴史上の女性や、特に現代女性について勉強しました」と明かし、「私たちは最初のパンデミックの最中に撮影をしていたので、この美しい映画の雰囲気を本当に吸収することができました。この作品は愛のラブレターなんです」と本作の撮影は特別な経験だったと振り返った。そして、本作の監督であるジョー・ライトは「人と人との繋がりをテーマにした映画を作りたいと思っていたのですが、それはパンデミックが起こる前のことで、パンデミックが起こった今こそ、人と人との繋がりや、愛する人に愛を伝えることの必要性をテーマにした映画を作る時だと思いました」と本作への思いを語っている。約120年の時を経ても愛され続けている不朽の愛の物語を描いた、ロマンティックなミュージカル映画『シラノ』にぜひご期待ください


映画『シラノ』受賞・ノミネーション情報

<受賞>
▼デトロイト映画批評家協会賞▼

・作品賞
・主演男優賞:ピーター・ディンクレイジ

<ノミネーション>
▼サテライト賞▼

・作品賞(コメディ/ミュージカル)
・主演男優賞(コメディ/ミュージカル):ピーター・ディンクレイジ
・衣装デザイン賞

▼ハリウッド映画批評家協会賞▼
・主演男優賞:ピーター・ディンクレイジ
・主題歌賞:「Every Letter」
・コメディ/ミュージカル映画賞

映画『シラノ』UKプレミア詳細
【日時】 現地時間12月7日(火)
【場所】 レスタースクエアのオデオンラックス/ODEON Luxe Leicester Square(ロンドン)
【ゲスト】 ピーター・ディンクレイジ、ヘイリー・ベネット、ケルヴィン・ハリソン・Jr.、ジョー・ライト監督、エリカ・シュミット(脚本)ほか


1897年の初演以降、日本をはじめ世界各地で幾度となく上演され、映画化・ミュージカル化されている稀代の名作「シラノ・ド・ベルジュラック」。いつの時代も人々が共感し、感動の涙を誘い、愛され続けている不朽の物語を、『プライドと偏見』(05)、『つぐない』(07)のジョー・ライト監督が壮大なスケールで再構築し、豪華スタッフ&キャストと共に完成させた最高にロマンティックなミュージカルムービー、『シラノ』(原題:CYRANO)の全国公開が2022年2月25日(金)に決定しました!

主人公の剣豪にして詩人のシラノ役を演じるのは、HBO制作のテレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」でエミー賞やゴールデングローブ賞などに輝いた実力派俳優ピーター・ディンクレイジ。さらに、シラノの親友であり、想い人であるヒロイン、ロクサーヌ役を、『マグニフィセント・セブン』(16)などで知られる注目の若手女優ヘイリー・ベネットが、ロクサーヌが片想いをする口下手なクリスチャン役をケルヴィン・ハリソン・Jr.が務めます。

今回解禁した予告映像は、観劇中の舞台天井から「私がシラノ・ド・ベルジュラックだ」とさっそうと登場する騎士シラノ(ピーター・ディンクレイジ)の姿から始まります。「なんと醜い」と、暴言を吐く相手との一騎打ちに余裕の剣術を魅せるシラノですが、その華麗な剣豪姿とは裏腹に自分の容姿に自信が持てず、ロクサーヌ(ヘイリー・ベネット)への想いを打ち明けられないままでいました。

ある日、ロクサーヌの片想いの相手がクリスチャン(ケルヴィン・ハリソン・Jr.)と知ったシラノは、ロクサーヌのために二人の仲を取り持つことに。口下手なクリスチャンにかわりシラノが代筆した詩はロクサーヌを魅了し、やがて3人の関係は複雑に絡み合っていき…。

彼らの純愛三角関係が、グラミー賞受賞ロックバンド「ザ・ナショナル」が制作したオリジナル楽曲「Someone to say」とともに、躍動感あふれるミュージカルシーンと圧巻の映像美で綴られていきます。

「ずっと誰かに言ってほしかった。言葉にできなかったこの想いを」と歌い上げるシラノの恋の物語の行方は、果たして―?

また、あわせて場面写真もお披露目!シラノとロクサーヌが手を握りながら寄り添う様子や、ロクサーヌが思いを馳せるクリスチャンの姿など、本作の美しい世界観を切り取った写真の数々。

公開に向けて、映画『シラノ』の続報にご期待下さい。